244528

ミノキシジルの効果は?M字ハゲになりそうな人に考えられる原因と対策

ミノキシジルは、髪の毛の毛穴の中にある毛包という組織を活性化させて発毛を促す効果が医学的にも認められている成分になります。
しかし、人によっては薄毛の症状が悪化して生え際が後退した状態からミノキシジルが配合されている育毛剤を使っても、効果が現れないことがあります。
原因には、主に二つの原因が考えられます。
一つ目の原因は、薄毛になってしまう体質を改善されていない状態でミノキシジルが配合されている育毛剤を使っている場合です。
おでこの生え際が後退する薄毛の症状は、色々な要因が関係していて、それらの要因が重ね合って発症していることが多いので、AGAという男性型脱毛症についての正しい情報を得ていない状態で自分の判断だけで対策を行っても効果が現れないことがあります。
おでこの生え際が後退する薄毛の症状の大きな要因の一つにジヒドロテストステロンが発生することが挙げられますが、身体の中に亜鉛が足りなくなるとⅡ型5αリダクターゼという酵素の分泌量が多くなって、男性の機能を維持するテストステロンというホルモンと結びつくことによってジヒドロテストステロンが発生するのです。
亜鉛はお酒を過度に飲み過ぎたり、タバコを喫煙する習慣があったり、過度なストレスに晒されたり、オナニーをし過ぎたりすることによって、どんどん消費されていき、これらのおでこの生え際が後退する薄毛の症状を悪化させる生活習慣により抜け落ちた髪の毛を修復するために必要となるアミノ酸についても、たくさん消費されてしまうので、おでこの生え際が後退する薄毛の症状を悪化させる生活習慣を改めずにミノキシジルが配合された育毛剤を使っても育毛の効果が現れない可能性が高くなります。
二つ目の原因は、男性ホルモンの分泌量が多い体質である場合です。
こちらは、AGAの症状を専門に診察するクリニックなどの医療機関で診察を受け内服薬を処方してもらい服用することで対処できることがあります。実績があり信頼性の高いクリニックで診察してもらうと良いでしょう。

参考:メンズヘルスクリニック東京の評判・口コミ